[ビーグレンレチノールの口コミ] レチノAがシワ/たるみ・目のクマに効果

 

ビーグレンレチノールの口コミ評価が高い理由

 

レチノールダブル処方だからシワへの効果の実感度が高い

 

ビーグレンレチノールの口コミ

 

ビーグレンのレチノールクリーム(レチノA)は、純粋なレチノールと、レチノイン酸トコフェリルという高い効果の2つの成分が含まれている美容クリームです。

 

化粧品の中では、2つの効果の高いレチノールが含まれているものは他にありません。

 

口コミをチェックしてみると、他社のレチノールクリームでは、シワ改善の効果を実感できなかったけど、ビーグレンのレチノールクリームだと高い効果を感じられたという感想も多いですね。

 

有効なレチノールを毎日のスキンケアに取り入れれば、ハリのある肌を取り戻すことができます。

 

浸透力の高いレチノールクリーム

 

ビーグレンレチノールの口コミ

 

ビーグレン美容液、化粧水で魅力的なのが、「肌奥にしっかり浸透する」というところです。

 

レチノールクリームも例外なく、肌の内部にしっかり浸透する設計になっています。

 

 

レチノールは、シワやほうれい線などへの効果が高いながらも、壊れやすいという弱点も持っている成分です。

 

そんな弱点をカバーして開発されたレチノールクリームなので、他社のレチノールよりも効果を実感するまでが早いです。

 

ビーグレンレチノールは効果効能試験で確認済み

 

ビーグレンレチノールの口コミ

 

ビーグレンのレチノールクリームは、実際に試験をしてみてシワへの効果を確認しています。

 

効果について口コミなどの評価が良くても、メーカーが効果の試験をしていないと、イマイチ信用ができないですよね。

 

しかし、ビーグレンではシワやたるみに悩む被験者の方に実際にレチノールを塗布してもらい、シワ改善の効果の確認もしています。

 

実験では、ほぼすべての人に、シワが薄くなったり、目立たなくなったりするなどの有意なデータが得られているようです。

 

シワへの効果について疑念や不安を抱いている人も、一度お試しセットなどを使って、高い効果を実感してみてください。

 

 

 

 

 

[ビーグレンレチノールの口コミ] シワの効果

 

ビーグレン・レチノAの良い口コミ:シワへの効果を実感

少し黄色っぽいクリーム状の美容液で、においはありません。
伸びがとても良いしつけていて刺激を感じないので、良い美容液だなぁと思っています。

 

額や口元のしわが気になるので、丁寧に塗っていくとだんだんしわの溝が浅くなってきた様に感じ始めました。

 

まだ使い始めなんですけど、なかなか手ごたえは良いと思います。

 

引用:@コスメ

 

ビーグレン・レチノAの人気:使用感の高さ

 

レチノールクリームはシワへの効果を実感しやすいのですが、美容クリームとしての使用感の良さも人気の理由のポイントです。

 

伸びが良く、ベタつきが抑えられているところは、毎日のスキンケアでの負担とならず、継続しやすいというメリットがありますね。

 

ビーグレン・レチノAの良い口コミ:おでこのシワが減る効果を実感

おでこのしわが気になっていて、しっかり塗っています。
夜の間に塗っているのですが、浸透がとても良いですね。
ビタミンAの美容液ってなかなかいいのがなかったので、これには助かってます。

 

気付かない間にお肌の奥が乾燥していて、しわになりかけていたりするんですね。
これを使うとお肌がつるんとしてきます。

 

引用:@コスメ

 

ビーグレン・レチノールクリームはおでこの深いシワにも高い効果

 

30代、40代になって、おでこのシワが目立ち始める女性も多いですよね。

 

ビーグレンのレチノAに含まれているレチノールは、2種類。

 

機能性の高いピュアなレチノールと、同じく深いシワへの効果のあるレチノイン酸トコフェリルが含まれています。

 

短い期間でもシワへの効果を実感しやすい理由がこれです。

 

額と眉間のシワが薄く・浅くなった

 

トライアルセットを使ってみて、これが一番よかったように思います。
額と眉間のシワが気になっていて、他社のレチノールクリームを使っていたのですが、特に改善されず。他社のよりも黄色味が濃く、成分が濃そうな気がします。実際塗ってみると、明らかにシワが薄く浅くなったのがわかります。試しに以前使っていたものに戻したところ、あっという間に元通り(泣)。ずっと使い続けたいです。

 

引用:ビーグレンの公式サイト

 

 

ビーグレンのレチノールで眉間のしわが薄くなる効果を実感

今まで使った中で一番効果的なレチノールでした。45を過ぎたあたりから急に老化を感じてボトックスしかないかなーと思っていたのですが、眉間のしわと目尻のシワが改善されつつあります。本当嬉しい。ありがとうございます。

 

引用:ビーグレンの公式サイト

 

 

[ビーグレンレチノールの口コミ ほうれい線の効果

 

ほうれい線が少しずつ薄くなっているかな。

とろんとした美容液です。
ほうれい線や額のしわが気になっていて、しっかり塗っています。
塗ってすぐにピンとしました!…という事はないんですが、夜のみこつこつ塗っていたら半月くらいして、少し薄くなった叶って感じます。
メイクをした後、ファンデが入りこんでしわが悪目立ちしていたのがこのところちょっとマシです。

 

べたつかないしぴりぴりしないからこれはいいなと思います。

 

引用:@コスメ

 

効果が高いけど低刺激

 

レチノール化粧品や、医薬品のトレチノインは、刺激を感じる人が多いという短所もあります。しかし、ビーグレンのレチノールクリームは、高保湿成分も含まれているので低刺激で使えるというところがポイントです。

 

敏感肌の女性でも継続して使うことができています。

 

 

ビーグレン・レチノールクリームでほうれい線の周りが柔らかくなった

ほうれい線が気になっていたのでこれを塗っています。
レチノールが高配合だけど、お肌に優しいっていうのが嬉しいですね。
紫外線には触れてはいけないので、夜のうちにしっかりと塗っています。

 

なめらかでさらっとした軽いクリーム状の美容液なのでとても伸ばしやすく、なじみも早いです。

 

だいぶほうれい線の辺りがやわらかくピンとしてきたと思います。

 

引用:@コスメ

 

ビーグレンレチノールは硬い肌を柔らかくする効果

 

年を取ってくると、だんだんと肌の中の水分量が減ってくるので、どうしても硬くなってしまいます。肌の保水力の低下は、いくつかの理由がありますが、ヒアルロン酸が減ることが関係しています。

 

生まれたばかりの赤ちゃんのプルプルとした肌を想像してみてください。

 

赤ちゃんの時のヒアルロン酸量は、生きているうちでも最も多いと言われています。

 

ビーグレンのレチノールの種類は、効果の実感しやすいレチノール。肌のヒアルロン酸量を増やし、柔らかくなるのが実感しやすいです。

 

レチノールでほうれい線が気にならなくなる

ほうれい線が、使わない時よりも、気にならなくなりました!完璧には、消えないけれど、今まで、いいと言われるどんな化粧品を使っても、ほうれい線は、消えなかったのに、前より気にならなくなりました。

 

引用:ビーグレンの公式サイトより

 

 

[ビーグレンレチノールの口コミ目のクマの効果

 

目元のクマにも刺激なく使える

ほうれい線や額のしわが気になっていました。
目元のクマにも使っていますが、今のところ刺激もなく使えています。

 

レチノールの美容液でこんなにハリが出るのは滅多になかったので、お気に入りになりました。
しっかりお肌にフィットするので、少量でも十分です。
なじませた後はハンドプレスしています。

 

引用:@コスメ

 

 

黒クマにも効果の高いビーグレンのレチノールクリーム

 

ビーグレンレチノールは、低刺激なので顔の中でも皮膚が薄い目のくまの部分にも使いやすいです。

 

レチノールよりも効果の高い医薬品「トレチノイン(レチノイン酸)」などは、刺激が強すぎて目の周りには使えない成分です。

 

その点を考えると、クマのケアをできるのは悩んでいる人にとってはポイントが高いですね♪

 

目のくまのタイプで「黒いクマ」は、肌のハリ不足が原因であることがほとんどです。

 

ハリ成分のコラーゲン・ヒアルロン酸の産生を促して、若々しい目元にしましょう。

 

 

[ビーグレンレチノールの口コミ 毛穴の効果

 

ビーグレンのレチノールで毛穴が閉じる効果を実感

今まで色々なメーカーのビタミン美容液を使用してきました。
が、あまりピンとこず、知り合いがこちらの商品が良いと話していたのを思い出し、購入してみました。
現在レチノAとCセラムを併用していますが、使い始めて2週間程で化粧のノリがよい事を実感しました。
毛穴が徐々にキュッとなってきました。周囲から、化粧品変えた?肌が違う。
と良く聞かれます。
ジムでスッピンになった時、ツヤツヤしてるね!と言われた時は凄く嬉しかったです。
実感がある限り、使い続けていきます。

 

引用:ビーグレンの公式サイトより

 

毛穴が改善されて陶器肌に近づいた

これを塗った翌朝は、鏡を見てつるつるの頬ににんまりしてしまいます。鼻の横、頬の毛穴が気になるのですが、塗っていると改善されている感じが。ハリupの効果は結構あると思います。

 

引用:ビーグレンの公式サイトより

 

 

ビーグレンレチノールはたるみ毛穴への効果・実感度が高い

 

30代の半ばを過ぎると目立ってくるのが、たるんでしまった毛穴です。

 

たるみ毛穴や、帯状毛穴、という名前でも呼ばれるお肌の症状ですが、普通の美容液を使っていてもなかなか目立たなくすることができません。

 

毛穴周りのコラーゲンやヒアルロン酸量の低下が大きな理由です。

 

ビーグレンのレチノールは、「肌のハリが出てふっくらしてきた」という口コミも多く、毛穴も以前より目立たなくなったという声も多いアイテムです。

 

 

 

[ビーグレンレチノールの口コミ] 他のレチノールクリーム・美容液の比較

 

ビーグレンレチノールの口コミでは、シワやたるみ、ほうれい線や毛穴などでの効果を感じている女性が多いです。

 

レチノールが配合されている美容クリーム・美容液などは他にも出回っていますが、ビーグレンのレチノールと比較してみて、優れているポイントを紹介します。

 

 

 

グアム・ビタミンワールドのレチノールクリームとの比較

 

グアムで販売されているレチノールは、日本の化粧品メーカーのものよりも質がいいと紹介している人もいますが、そんなことはありません。

 

ビーグレンのレチノールの方が、効果の面で圧倒的に質がいいです。

 

話題性や安い金額だけで判断しないようにしましょう。

 

ビタミンワールドのレチノールクリームはパルミチン酸レチノール

 

ビタミンワールドのレチノールクリームの種類は、「パルミチン酸レチノール」が使われています。

 

パルミチン酸レチノールは、純粋なレチノールよりも安定性があるというメリットはありますが、効果は純粋なレチノールよりも劣ります。

 

成分として安定性が高い分、ヒアルロン酸、コラーゲンの再生効果を促すような反応性がとても低いという欠点があります。

 

効果の面では、保湿効果は感じられるとは思いますが、シワが根本的に薄くなるとか、目立たなくなるなどの効果は感じられないでしょう。

 

ビタミンワールドのレチノールクリームには合成着色料が配合

 

ビタミンワールドのレチノールクリームには、「黄色10号」という合成着色料が配合されています。

 

ビーグレンのレチノールクリームには合成着色料の配合はありません。

 

合成着色料は、絵の具に近いものですが、見た目を良くするためだけに用いられます。

 

シワケアを考えた時にはまったく必要のない成分です。

 

防腐剤も数種類配合

 

ビタミンワールドのレチノールクリームには、メチルパラベン、プロピルパラベンなどの防腐剤が配合されています。防腐剤を完全にゼロにすることは、品質の劣化を招くので難しいですが、防腐剤に対してアレルギーがある人は避けた方が賢明です。

 

ジャータイプの容器は劣化しやすい

 

レチノールを選ぶ上で、注意したいのが容器の形状です。ビタミンワールドのレチノールクリームは、ジャータイプになっていますが、ジャータイプだと使う際のフタの開閉で空気と表面のクリームが触れることになります。

 

1回、2回の開閉でも、空気の影響を受けて表面の成分が徐々に酸化して変質していきます。

 

特にレチノールは酸化に弱いという特性があるので、使用を繰り返していくうちに、劣化が始まった成分を塗り込んでいくことになってしまいます。

 

 

ビーグレンのレチノールクリームは、細長いチューブタイプで、少量ずつクリームが出る形状です。

 

容器内のレチノールが酸素と触れにくい構造になっているので、長く安心して使い続けることができ、効果も実感しやすいです。

 

 

資生堂レチノールクリーム(エンリッチドリンクルクリームとの比較

 

資生堂のレチノールは「純粋レチノール」

 

資生堂のレチノールクリーム(商品名:エンリッチドリンクルクリーム)は、ビーグレンと同じく純粋なレチノールを使っています。

 

純粋レチノールという表記をしていますが、これは他にもレチノールと商品のパッケージや、ホームページに記載できるレチノール類と明確に区別するためです。

 

この純粋レチノールは、安い化粧品によく配合されているパルミチン酸レチノールよりも高いシワ改善効果があります。

 

対して、ビーグレンはこの純粋なレチノールの配合に加えて、同じくシワへの効果が高いレチノイン酸トコフェリルの2種類が配合されています。

 

ダブルの効果を実感できます。

 

シワ改善効果を確認

 

資生堂のレチノールクリームも、シワ改善の効果を確認しています。

 

やはり、効果の有無がちゃんと試験で確認しているか、そうでないかは、レチノールクリームを選ぶうえで大切な判断基準になりますね。

 

ビーグレンのレチノールクリームも、被験者に実際に使用してもらい、抗シワ効果を確認しています。

 

エタノールや香料などが配合されている

 

資生堂のレチノールクリームには、エタノールや香料などの成分も配合されてしまっています。

 

そのため、エタノールに対して刺激を感じやすい女性は、使用について慎重になった方がいいでしょう。香料も匂いを調整するために用いられています。

 

値段は資生堂のレチノールクリームが少し安い

 

資生堂のレチノールクリームは約1ヶ月分の15gで6,264円。

 

ビーグレンのレチノールクリームは同じく15gで6,480円。

 

200円程度資生堂のクリームが安い計算になります。

 

ただし、定期購入をした場合、ビーグレンのレチノールクリームは割引サービスやセールも多いので、場合によっては6,000円以下の値段で購入することができます。

 

資生堂のレチノールクリームはお試しセットなし

 

資生堂のレチノールクリームは、お試しセットがないので、本商品を最初から使ってみるというステップになります。

 

実際に自分の肌に合うか合わないかを、少ない金額で前もってチェックをしておきたいという女性にとってはマイナスポイントですね。

 

ビーグレンのレチノールクリームにはお試しセットが用意されていて、今なら1800円で約1週間試すことができます。

 

DHCレチノールクリームとの比較

 

DHCレチノールクリームには全成分の記載なし

 

DHCのレチノールクリーム(薬用レチノAエッセンス)には、全成分の記載がありません。

 

使用者の感想などを見ると、純粋なレチノールが含まれているのは事実のようです。

 

その他にも、プラセンタやグリチルレチン酸ステアリルなどの成分が含まれていますが、シワなどへの効果は特にありません。

 

防腐剤やエタノールなどの心配な成分については要問合せ

 

全成分を公開していないので、固有の成分については電話で問い合わせる必要があり、さらに問い合わせしたからといって、すぐに回答をもらえる訳ではありません。

 

防腐剤やエタノールなど、使用する前に気になる成分がある人にとってはちょっと使いにくいレチノールクリームです。

 

チューンメーカーズレチノール美容液との比較

 

チューンメーカーズのレチノール美容液はパルミチン酸レチノール

 

amazonや楽天などで手に入れることのできるチューンメーカーズのレチノール。原液ということで、レチノールを安く使いたい人たちに人気です。

 

しかし、レチノール原液と謳っていますが、実際にはレチノール単体ではありません。

 

防腐剤のパラベンや、水、ビタミンなどが加わっています。

 

また、レチノールは効果の弱いタイプの「パルミチン酸レチノール」なので、シワ改善への効果が感じられるかは疑問です。

 

パルミチン酸レチノールは安定性は高い成分ですが、肌に高濃度のものを塗布しすぎると、炎症やかぶれなどを起こしてしまうことがあります。

 

レチノールは、ビーグレンのレチノールのように、純粋なレチノールが配合されているものを選ぶのがオススメです。

 

レチノール美容液の自作は難しい

 

チューンメーカーズのレチノール原液。レチノール原液と謳っているのですが、「100%原液」ではありません。

 

このあたりの定義があいまいなので、混乱してしまいますが、厳密には「高濃度」という表現の方がしっくりきます。そのため、どの程度配合していいかの判断がつかないというのが問題です。

 

レチノールは基本的に壊れやすい成分と言われているので、自分自身でクリームや化粧水に混ぜ込んで使用しても、すでに効果の無い液体になってしまう可能性があります。

 

「効果は無視。でも値段を重視して使い続けたい。」という人以外は、レチノール美容液を自作するのはおすすめできません。

 

 

[ビーグレンレチノールの口コミ] レチノールクリームの使い方

 

ビーグレンのレチノールクリームは夜寝る前に使うのがおすすめ

 

ビーグレンのレチノールは、特殊なカプセルに包みこまれているので、壊れにくく、肌に浸透しやすいという特徴があります。

 

しかし、それでも紫外線や酸化などの影響を受けるのはゼロではありません。

 

そのため、塗る時間帯としては日が沈んだ後。それも寝る前というタイミングがいいでしょう。

 

日中でのレチノールクリームは日焼け止めを必ず塗る

 

日中でのレチノールクリームの使用は推奨されていませんが、どうしても日中にしか塗ることができない人もいると思います。

 

その場合には、レチノールクリームを塗った後に、必ず日焼け止めクリームを塗ることです。

 

なるべくSPF値、PA値が高いものを使用するようにして、紫外線をカットすることが大切です。

 

日差しの強い初夏から秋にかけては、レチノールクリームを塗った場所になるべく日が当らないようにするのも心がけてください。

 

レチノール使用時:日焼け止めは塗り直しも大切

 

日焼け止めの塗り方で、けっこう油断しがちなのが塗り直しをしないということです。

 

外出する時に、日焼け止めは1回塗ったから大丈夫と思っていませんか?少なくとも暑い時期には外出している間に1回でもいいので塗り直しをしてください。

 

顔から汗が出た際に、日焼け止めも一緒に流れ落ちてしまうからです。

 

また、ちょっとした用事だから日焼け止めは塗らなくて大丈夫と思ってしまうのも間違いです。

 

紫外線を侮ってはいけません。少しの時間でも油断せずに日焼け止めを塗ることは実はけっこう大切なんです。

 

まぶたへのビーグレン・レチノールクリームの使用はなるべく避ける

 

目のすぐ近くにあたる「まぶた」へのビーグレン・レチノールクリームの使用は、避けるようにしてください。

 

目の周りの皮膚はとても薄くデリケート。顔の他の部分で何も異常がなくても、まぶたは敏感に反応してしまい副作用が出る可能性もあります。

 

また、目の近くということで、塗った後に目に入りやすいという問題もあります。

 

もし目に入ってしまった場合には、すぐに水で洗い流すなどの処置が必要です。

 

 

敏感肌や乾燥肌の人はレチノールクリームをパッチテスト